読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Horror好きが行く!

怖いもの好きが書く映画・本・もろもろの記録

う~ん、怖くない…

映画

って、だったら書くな!というところですが、とりあえずなんで怖くなかったのか考えてみます…以下2作品。 

 たしか1977年の映画です。古いので、獣人間もメイク感ありあり(当時からすればよくできている方です)なのは仕方ないとしても…怖くないんですこれよりもっと古い映画でも怖いのいっぱいあります。…もしかしてホラーじゃなくてSFなのか?

早送りしながら見ても、話わかります。 

三池監督…私にとってホラーを感じない監督です。『ぼっけぇ・きょうてぇ』ですら…ヤッターマン『愛と誠』面白かったのに。そうか、もう明らかに絵空事として見られる話は楽しめるのかな?…ではこの作品は???

何人殺されたのかわからないぐらい人が死ぬんですけど悲しくもないし痛くもない…アメリカのスラッシャーホラーもそんなもんだけど…そんなに明るい話でもないし…いや…駄作ではありません、決して。伊藤英明もがんばっていたし

貴志祐介の原作はどうなんでしょうね。読んでいないのでわかりませんが、主人公の蓮実は『黒い家』の菰田幸子に似てますね。ナチュラルボーンキラー? 両親を殺したことは描かれてますが、それ以前の萌芽は描かれてません。『黒い家』を読んだときは心底ゾッとしたけど