読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Horror好きが行く!

怖いもの好きが書く映画・本・もろもろの記録

『恐之本』シリーズ

前々から読んでみたかった高港基資(たかみなともとすけ)さんの『恐之本』シリーズ壱~五まで一気読み。内容を簡単に書くと、恐怖マンガの短編集。怪異は幽霊が多いんですけどサイコさんも多数登場(そっちの方が怖いかも、私は)。

恐之本 / 壱 (SGコミックス) めずらしくお風呂で思い出して怖くなったりしました…

作中のセリフでよく「地雷を踏んでしまった」という言い方をしているんですけど、恐ろしい目に遭う人たちには何の共通点も因果もない(たまに因果応報の人もいますが)。たまたまそいつを見てしまったその場所に足を踏み入れてしまった…などで、突然巻き込まれてしまう。だからより身近に感じて怖いのかもしれません。

この本…中身も怖いんだけど、とにかくカバーが怖すぎる! 特に壱・弐・五巻は何かの一場面っぽいんですけど…中身に出てこない描き下ろしなんでしょうか。特に弐巻! 山姥の家か? バアさんニコニコしてるし…

              よく見ると後ろで人吊るされてますよ… 恐之本 2―高港基資ホラー傑作選集 (SGコミックス)

 

恐之本  伍 (少年画報社SGコミックス) 裏表紙が怖い、平和な家族の夕餉の席に突然こんな女が来たら…

(追記)

ここ↓で無料で試し読みできます(めちゃめちゃ怖いので要注意)

高港基資 | 恐ろし屋