読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Horror好きが行く!

怖いもの好きが書く映画・本・もろもろの記録

テンタクルズ(1977年 イタリア・アメリカ合作)

出演者が豪華なわりに凡作、『ジョーズ』の亜流作品…などとさんざん言われてますが…まぁ…その通りです(笑。でもブルーノ・ニコライのテーマソングは、『ジョーズ』のそれと匹敵すると思うんですが…私だけ? 

テンタクルズ [DVD]

テンタクルズ [DVD]

 

パッケージを見ての通り、大ダコが暴れまくる映画です。

おもな登場人物…地元では有名な記者ターナー、海底トンネルを造ろうとしているトロージャン開発会社のホワイトヘッド社長海洋学者のウィル(と妻ヴィッキー)、ターナー妹ティリーとその息子トミー(とトミーの友人ジェミー)…というところでしょうか。

前半はターナー、海底トンネル工事に異変の原因がある…とホワイトヘッドを追及する場面があり、彼が主役で進んでいくように思われたんですが、いつのまにやら(?)、ウィルの妻ヴィッキーの妹たちがタコに襲われヴィッキーも捜しに行って襲われ…とウィル側に移っています。

 f:id:yukiyamama:20150706141812j:plain f:id:yukiyamama:20150706141820j:plain f:id:yukiyamama:20150706141830j:plain

いろいろとツッコミどころ満載で話は進んでいきます。最初の方で、トミーとジェミーが少年ヨット大会に参加する、って言ってるので嫌な予感がしますね…まぁ、大パニックになります(笑。…って笑ってる場合じゃない。けっこう残酷な展開です。画面はあっさりしてるので忘れがちですがわりと大勢やられてます。 

 f:id:yukiyamama:20150706141840j:plain f:id:yukiyamama:20150706141849p:plain

 失意の中、ウィルの下した決断は…(以下ネタバレになるので反転して見て下さい)自分が飼いならしている二匹のシャチにタコを襲わせる…というもの。まぁ、意外な展開といえば意外…最初に出てはくるけど、まさかそんな使われ方をするとは。でもって、この戦闘部分が妙に長い

でもCGのなかった時代、小出しに部分部分を見せ、不気味な大ダコを演出する…苦労はうかがえます。が、元祖には勝てない(笑。海底トンネル工事による騒音(?)で、魚が死に、大ダコも凶暴化してしまったとなんとなく結論づけてはいるが、その工事についてもその後どうなるのか描かれてないし…話がグダグダなのがいただけない。大ダコ退治して終わり~(笑。でいいのか?