読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Horror好きが行く!

怖いもの好きが書く映画・本・もろもろの記録

ヒッチコック(2012年 アメリカ)

題名通り、アルフレッド・ヒッチコック監督が主人公の自伝的作品。彼の最高傑作『サイコ』(1960年)の舞台裏が描かれているので、まず『サイコ』を見ておくこと。ちなみにホラー映画ではないので誰も死にません。 

北北西に進路を取れ』が好評で、パラマウント社は同じようなサスペンスを望むが、ヒッチコックは次回作をエド・ゲイン事件をヒントに書かれたロバート・ブロックの『サイコ』に決める。原作をスタッフに買い占めさせることからはじまり、撮影中も内容を一切口外してはならないと緘口令を敷くなど、徹底した秘密主義を貫く

まず製作時点でパラマウント社は難色を示し、結果、ヒッチコック自宅を抵当に入れ、自費で撮ることを提案し、どうにか契約をする。撮影ははじまるが、トイレの流水シーンやシャワーシーンを映倫にカットするよう言われたりパラマウント側には撮影現場を見せろと執拗に迫られたり…妻アルマに禁止されているにもかかわらず、酒の量は増えていく。アルマが脚本家ウィットフィールドと浮気しているのではないか…妻への嫉妬スターに育て上げた女優たちからの仕打ち女性への不信感と憎しみをつのらせていくヒッチコック。共鳴するかのように時折、エド・ゲインの幻影が現れる……

 

一般的な評価はまあまあ(★3.5とか70%)って感じですが、個人的には面白かった『サイコ』が完成するまでにあんなにも困難があったとは。完成しても「劇場公開はせず、『ヒッチコック劇場』(TV)の二部構成で放送しよう」とまで言われ、ヒッチコック駄作扱いを覚悟したほど。

が、そこであきらめなかった編集(アルマがバーナードの楽曲を推さなければ、最初シャワーシーンは無音だった!)や宣伝方法途中入場禁止ストーリー口外禁止を工夫することによって『サイコ』は見事にヒットするんですね~。ここら辺のたたみかけるような展開はゾクゾクします。

最初アンソニー・ホプキンスヒッチコックに違和感があったんですけど、さすがの演技力で気づけばヒッチコックに見えてました(笑。アルマ役のヘレン・ミレンもオスカー女優。彼女をはじめ、配役は非常に豪華で手堅い

ヒッチコックが主演女優に執着するのは有名な話なんですが、妻アルマに対する思いとはまた別なんですよ。裏切られたと思って辛く当たっていたヴェラ・マイルズ(マリオンの妹ライラ役)に「あなたが私たちに見ているのは理想なの(実際は違う)」と指摘され、心の底で半分わかってはいる。その現実の女性として、またずっと自分を支えてくれるパートナーとして、アルマがいるんです。だから彼女に裏切られたと知った時怒り狂うヒッチコックあのシャワーシーンの演出に持ってきたのがうまい! ジャネット・リー(マリオン役)の恐怖におののく表情を撮ろうとヒッチコック自らナイフを振るう場面。ナイフを向ける相手が映倫や制作会社のおっさんたちになったり、ウィットフィールドになったり…ものすごい憎悪が伝わってくる(この場面だけレクター博士に見えた)。ジャネットも本気で震えていた。

…とまぁ、人によっては「あざといな」と感じるかもしれませんが、私は素直に面白いな~と思いました。老境に差し掛かった夫婦の関係…それが少しだけわかってきた自分がイヤでしたが(笑。 

サイコ [DVD]

サイコ [DVD]