読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Horror好きが行く!

怖いもの好きが書く映画・本・もろもろの記録

悪魔は誰だ(2013年 韓国)

映画

15年前の誘拐事件時効を迎えるが、直後に発生した全く同じ手口の誘拐事件…同じ犯人の仕業か? …韓国映画らしく、ズッシリビターな、かつ、超展開の結末です。 

悪魔は誰だ [DVD]

悪魔は誰だ [DVD]

 

ハギョン15年前の誘拐事件で娘を亡くした。犯人は捕まることなく、もうすぐ時効を迎える。そのことを知らせに来た担当刑事チョンホもやるせない思いを抱えていた。娘の遺体が発見された現場を訪れたチョンホは花が手向けられているのを見つける。近くのオービスにとらえられた男の姿。時効が迫る中、チョンホは執念で犯人らしき男を見つけたが、あと一歩のところで逃げられてしまう。

数日後、白昼、祖父の隙をつき、幼い孫娘が誘拐される。犯人の指示、身代金受け渡しの方法が15年前の誘拐事件と酷似していることに気づいた所轄刑事は、チョンホに協力を仰ぐ。

一方、時効は過ぎたが、あきらめきれないハギョンは犯人が置いていった傘から人物を特定していくが……

 

とりあえず、驚きます。この展開…予想がつく人いるのかな? 私は素直に驚きました。とにかく母親の執念で、ハギョンは犯人宅まで入り込むことができるんですがそこで知った誘拐犯の犯行動機…それを知ったからって、許せるものではないですけどね。そしてハギョンの意志を尊重し、犯人と取引をするチョンホもスゴイ。ここまで事件に入れ込むのもどうか??って感じですが(笑。

面白いと思ったので、今回あえてネタバレしません(細かく書いてしまいそうで面倒というのもあります)。全て終わっても、カタルシスはありませんね~、むしろずっしり重い気持ちになります。でもサスペンスとしてはよくできてる。やりすぎ感があるのは、やっぱり韓国映画ですが。