読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Horror好きが行く!

怖いもの好きが書く映画・本・もろもろの記録

フランソワ・オゾン監督

ホラー映画ではない。でもなんだかジワジワ嫌な展開になっていくのが癖になる(笑。

気づけば4作見ていた。まだいっぱいあるみたいで、今後もチェックしていく予定。心理的にゾワゾワしたい人(マゾな人?)にオススメ。血しぶきはありませんし~

一番オススメはコレ。 

とにかくクロード役の男の子超絶な色気主人公夫婦が振り回され破綻してしまう。高校生クロードが創作した小説を担任の文学教諭が指導するのですがいつしか続きが気になって仕方がないシェヘラザードの話を待つ王様状態。現実の展開かと思いきや…創作部分でした~ってな展開が多いので、苦手な人は怒り出してしまいそうだが。 

これもラストのどんでん返しがスゴイ。初老のミステリー作家サラが別荘で執筆してるのですが奔放な娘ジュリーが現れ次々男を連れ込む。それを観察するサラは様々な妄想を膨らませてゆき…  

8人の女たち [Blu-ray]

8人の女たち [Blu-ray]

 

 一般的にはこれが一番見やすいかも。華やかだし、ミステリだし。あ、でも舞台劇見てるみたいだし、突然ミュージカルになるし、そういうのニガテな人はダメかな。 

17歳 [DVD]

17歳 [DVD]

 

 この女優さんスゴイ体当たりの演技おフランスなんで、親とはいえ恋愛は自由。が、17歳のイザベルバカンス先でバージンを捨てたとたんいきなり売春婦に。いったいなぜ???いろいろ不満は抱えてそうですが最後まで語られることはありません。そこがアメリカ映画と違うとこで、もやもやしちゃうかもしれません。

 

てか、わかってなかったけど、オゾン監督って男性だったのね! 意地悪な視点がすごいから絶対女性だと思いこんでた(笑。