読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Horror好きが行く!

怖いもの好きが書く映画・本・もろもろの記録

ゾンビ・リミット(2013年 スペイン・カナダ)

ゾンビ映画を期待して借りませぬよう。これ、題名ですごく損してる。ゾンビ化する=不治の病…と置き換えてみて。あなたの大好きな人がこうなってしまったら…そして治療薬が残りわずかと知ったら… エゴむき出しなんだけど泣けた

ゾンビ・リミット [DVD]

ゾンビ・リミット [DVD]

 

最初に言ってしまうと、オープニングはゾンビ映画っぽいんですけど、その後は静かな都会生活の描写が続きます。女医ケイトはミュージシャンの恋人レック深く愛し合っている幸せなカップル。が…レックスは実はリターンドリターンドとは1985年頃からはじまった死後人の肉を喰らうゾンビ化する謎のウィルスで今のところそのゾンビ化した人から取った骨髄液から作られたワクチンで発症を押さえるしかないゾンビ化する人が減る(沈静化する)=ワクチンが作れない…という皮肉な状況になっていくんです。で、世論もいつ発症するかわからないリターンドを隔離した方がいいとか果ては殺してしまおうという私刑集団まで出てくるように

そんな中、アレックスは親友ジェイコブアンバー夫妻に自分はリターンドだと告白する。ジェイコブたちは窮地に陥ったアレックスたちを自らの別荘へ案内するが……

 

これね…切ないんですよ。皆、自分たちの大切な人を守りたいだけ。でも血は流され騙し騙されワクチンの奪い合い醜いです。でも根底に流れる思いがわかるだけに、辛い。グログロ血みどろのホラーを期待するとハズレなんですけど人間ドラマはこのテの映画にしてはとても良い。愛もエゴも隠すことなく描ききってる。

個人的にオススメなので今回はネタバレしません