読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Horror好きが行く!

怖いもの好きが書く映画・本・もろもろの記録

ボーグマン(2013年 オランダ他)

ん~、これはホラーなの? 異星人侵略物か?と思わせといて…特に正体みたいなのも現すことなく…同じ人間かもしれない。ただ思想が違うだけで。なんつ~か、好き嫌い分かれる映画ですね。途中で眠くなりました…私。 

ボーグマン [DVD]

ボーグマン [DVD]

 

まず地下にモグラのように暮らしている男たちが、何やら地上の数人の男たち(中には神父さんもいる)に追われている。銃を持っている。しかし、追われてた男たちは飄々とその森から逃亡。連中の一人、カミエル・ボーグマンはどうやらその集団(?)のリーダーのようです。裕福な住宅街を「風呂を貸してほしい」と訪ね歩き、ある素敵な家で、ダンナのリシャルトボーグマンをフルボッコにしますが、奥さんマリナ富裕層としての罪の意識があるらしくダンナに隠れて風呂に入れたり食事を与えてあげます。ところがボーグマンはそれを感謝するどころか気がつくと勝手に家の中に入り込み子供たちに妙な話を語り聞かせたり仲間と頻繁に連絡を取っていくのです…。

 

人は何人も殺されますがグロさもなく、なんか、仕事をこなすように淡々と遺体の処理をするボーグマンの仲間たち。そこにスリルも恐怖もないし(私には感じなかった)。…私なりに解釈するならば「庇を貸して母屋を取られる系の話ヒュー・ウォルポールの『銀の仮面』安部公房の戯曲『友達』的な不気味さはたしかにあります

ここまで読んで興味を持った方は見て下さい程度のオススメ度です。ただし、あっけにとられる終わり方なので文句言わないでくださいね~。 

銀の仮面 (ミステリーの本棚)

銀の仮面 (ミステリーの本棚)

 
友達・棒になった男 (新潮文庫)

友達・棒になった男 (新潮文庫)

 

関係ないけど夜毎なぜか真っ裸でマリナの上に乗っかってるボーグマンが、ハインリッヒ・フュースリの有名な絵画『夢魔を思い出させて、そこは怖かったですね(確かにマリナはその時恐ろしい夢を見ている)。