読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Horror好きが行く!

怖いもの好きが書く映画・本・もろもろの記録

アンドリュー・クラヴァンを知ってるかい?

映画

お題「好きなミステリー」

およそ1ヶ月ぶりの記事になります(裏ブログ?ではけっこう頻繁に書いてましたけど)。開店休業と思われぬよう(?)スロットで本の話題があったので、書いてみることに。

著者の詳しい履歴はこちら ⇒ アンドリュー・クラヴァン

けっこういろいろ書いている人で、代表作は『真夜中の死線』らしいんですが、これは未読。私がこの人を知った作品は、

『秘密の友人』 

秘密の友人 (角川文庫)

秘密の友人 (角川文庫)

 

です。とにかく冒頭から異様な出来事が次々起こり終盤でそれが全て繋がっていると気づく時の気持ちよさと言ったら!

サイコ少女エリザベスのキャラもすごいですが、この作品に出てくる人たちは皆どこか異常(笑。映画化もされてます(題名が違うので要注意)。 

サウンド・オブ・サイレンス 特別編 [DVD]

サウンド・オブ・サイレンス 特別編 [DVD]

 

『切り裂き魔の森』 

切り裂き魔の森 (角川文庫)

切り裂き魔の森 (角川文庫)

 

これは名前が違いますが、同一著者です。夫がもしや連続殺人犯では?と疑いを募らせてゆく奥さんの話です。配偶者の過去って…そんなに追求したことないですよね、そういえば。

『アニマル・アワー』 

アニマル・アワー (扶桑社ミステリー)

アニマル・アワー (扶桑社ミステリー)

 

これまた強烈な冒頭部です。主人公ナンシー(弁護士)が事務所に出社すると、誰も彼女をナンシーとは認めないバッグには見覚えのない拳銃。パニックになり街をさまよう彼女が見た猟奇殺人事件のニュースの被害者はナンシー・キンケイド!

ワケがわからないうちに物語に引き込まれていきます。真相を強引とみるか、斬新とみるかは別として、とにかくこの著者は小説は冒頭部が大事なことをよくわかってます。

『アマンダ』 

アマンダ (角川文庫)

アマンダ (角川文庫)

 

これも飛行機墜落事故という強烈な場面から始まります。その中で半狂乱で娘アマンダを探すキャロル。母娘が逃げ続けなければならない理由は何なのか? 二人と関わったサックス奏者ルーニーはアマンダの持つある能力を知る…ぶっちゃけちゃうと超能力モノでミステリーとは言い難いんですがリーダビリティはさすがです

 

『傷痕のある男』は…アマゾンになかった。海外作家ってこういうの多いよね~。読みたい時にはもう在庫がなかったり。そもそも狭き嗜好なのかな?とりあえず『秘密の友人』は「このミス」でもランクインした本だった(気がする)のでオススメです。というか、この作品でダメと思った人は他の著作もダメかも(笑。