読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Horror好きが行く!

怖いもの好きが書く映画・本・もろもろの記録

殺人の告白(2012年 韓国)

パク・シフが連続殺人犯の役で話題になったサスペンス。良くも悪くも韓国映画らしい「やりすぎ感」満載。いちおうどんでん返しあり。 

殺人の告白 [DVD]

殺人の告白 [DVD]

 

しょっぱなから激しいアクションシーンに度肝を抜かれる。チェ刑事は連続殺人犯をあと一歩のところまで追いつめるが、反撃され、殺されそうになる。だが犯人は「お前はおれの広告塔だ」と笑って立ち去っていく。

15年後、その連続殺人事件の時効が成立したがイ・ドゥソクという男が自分が犯人だと暴露本を出版。ルックスの良さも手伝って、たちまち本はベストセラー、時の人となる。事件をずっと追ってきたチェ刑事はドゥソクを売名目的の変人と相手にしない。

一方、連続殺人の被害者遺族たちは動き出していた。最後の被害者で、遺体がまだ見つかっていないスヨンの母親を中心に、ドゥソクを誘拐する計画を立てる

ホテルのプールで優雅に泳ぐドゥソク。そのプールへ毒蛇を流し込む(笑、遺族。蛇に噛み付かれ、ドゥソク昏倒。救急車に乗せるが、後から本当の救急車が。そう、これは誘拐計画の一部だった。なんとかドゥソクを乗せて逃げる遺族グループチェ刑事も車で追いかけるが……

 

最初のアクションもすごいんだけど、このカーチェイス場面ももうメチャクチャ(笑。車の上で大乱闘(←いや、ホントに!)。落ちるだろ~よ、普通。

見る前はドゥソクとチェ刑事の心理戦を予想していたら意外とアクション満載のエンタメ映画だった。ところどころ生理的にゲッとする場面(立ちションとか痰吐いたりとか)があるけど殺害場面はほとんど出てこないのであしからず。

 

すったもんだあり、チェ刑事はドゥソクを遺族集団から救い出す。その後、討論番組で二人は顔を合わせるがそこへ真犯人を名乗る”J”という男が電話をかけてきて……

(以下ネタバレです)

 

 

 

 

韓国ドラマフアンだった頃からパク・シフの笑顔は胡散臭いと思っていたら…やっぱりあったわ、どんでん返し

Jが残していったビデオテープを見るチェ刑事。そこには恋人だったスヨンの最期の姿が。Jに殺される寸前、電話をかけて、チェ刑事の声を聞くスヨン。そのテープを鬼気迫る表情で何度も見るチェ刑事

Jはドゥソクを偽者として許さず同じ討論番組で三者会談が実現。Jは仮面を取り、その正体を現した(ここで関係者だったらビックリだけど、まったく初登場)。半信半疑な二人に証明するかのように、番組中、スヨンらしき遺体を掘り返させた

すると突然ドゥソクがじつは本は自分が書いたのではないと明かす。そしてチェ刑事が「自分が書いた」と言い出した。ドゥソクの正体は最初の被害者の息子。じつは映画冒頭で自殺を図ったんだけど生きてた→顔がぐちゃぐちゃになっちゃったので整形韓国ドラマでは定番!)。

全てはチェ刑事の計画だったのだ。自分を広告塔として生かすぐらいだから、犯人は自己顕示欲が強い。もし偽者が現れたら許せずに姿を現すにちがいない…と。Jはまんまと現れてくれた。しかしJが言うように時効はすでに成立している

ところがチェ刑事はJがくれたビデオテープを再び流すその音声からスヨンを殺した犯行日時から数えて、まだ時効まで14分あることがわかったのだ!

ここでまた一波乱二波乱あり、Jは外へ逃亡チェ刑事とカーチェイス(ふたたび!)→トラック横倒し→大乱闘→J、怒りのチェ刑事に首絞められるも(犯人役の役者さん熱演)、まだ生きてる。時効前に逮捕された絶対14分以上経ってると思うが…)。

犯人を殺したいドゥソクも近寄るが警察に阻まれ、さらにスヨン母が近づき最初から隠し持っていた蛇の毒入り万年筆(笑)で刺そうとするがその手を止めるチェ刑事ヘラヘラ笑うJの表情が凍りつく。そう、チェが刺したんです、万年筆。蛇の毒でJ死亡

2年後チェ刑事は出所(刑が軽い…)。それを出迎える被害者遺族たち。みんなで記念撮影で、完。

 

もう少し短くまとめられるような気もするんですけど、なんだかんだ手に汗握って見てしまった。その強引さが癖になる(?)、韓国映画