Horror好きが行く!

怖いもの好きが書く映画・本・もろもろの記録

ミッドナイト・ホラーシアター(2011年 全8話)

1時間弱のホラードラマ。それにしてはよく出来てます。役者さん(特に女の子はかわいい子もいる)の演技もいいし、CS放送だからか、グロもエロもあります。ちょっと子供と一緒には見れませんが(笑。捻りがある話もあり。

fod.fujitv.co.jp

 *DVD化はされてない模様

第1話「闇夜に奴が忍び寄る」

19年前、放送部が残した某小学校旧校舎の”ヨシオ”君伝説を検証したビデオ。彼女らは何者かに襲われる形でビデオは終わっていた。現在、映画研究部の女子高生4人がそのビデオが本当かどうか検証するというヤラセの映画を撮るべく再び旧校舎に忍び込むが……登場したヨシオくんには…怖いと言うより笑ってしまいました。

第2話「悪魔からの手紙」

小説家の純一。「悪魔からの手紙」というヤバイ内容のレア本を探している。ある日、女性がオークションに出品しているのを見つけ、手に入れる。本を開くと、中から出品者である早織からの手紙が挟まれていた。興味本位で返事を書いてしまった純一だったがそれが恐怖のはじまりだった……「志村、後ろ、後ろ!」って感じのドラマです(?)。赤いドレスの女が怖いと言えば怖いかな…。

第3話「惨劇の村」

男女2組のカップルで旅行に来たが、ありがちなガス欠で、その辺の村人に聞いたガソリンスタンドへ向かうが…辿り着いたのは人気のない村。探し当てた旅館は、男が一人で経営しているが、親切な様子に4人はひとまずの宿を決める。「これは何の肉ですか?」は聞いてはいけない一言(笑。ラストガールの叫び具合はアッパレです。

第4話「悪夢の臨床実験」

痩せる薬の臨床実験に参加した女子学生3人。隔離された状態ではあったが、好きなものを好きなだけ食べて大丈夫、順調に体重が減っていくことに大喜びの3人。ところが主人公の女の子は段々気味の悪い幻覚を見るようになり……どこまでが薬による幻覚で、どこまでが現実かわからない怖さとあのオチ。これまで見た中では一番怖かった出来です。

第5話「立入禁止」

心霊スポットとされる廃工場でカップルがイチャついていると…ロッカーに閉じ込められ、誘拐・監禁されていた女性を発見してビックリ。その直後、犯人らしき男たちが戻ってきて……スナッフフィルム撮るべ~と、どっかで見たようなホラー映画展開に。隠れるカップルの運命やいかに。なかなかの「愛」を見せる二人をつい応援してしまいます。

第6話「血まみれキャンプ場」

その昔、キャンプ場でカップルが黒ずくめのライダー風の男に殺される凄惨な事件が起きた10年後、その「千野(ちの)キャンプ場」を訪れた男女5人のグループ。脚が少し不自由な明菜だけ彼氏なし。過去の事件の話も笑い飛ばし、なごやかに夜を迎えた5人だったが、少しずつ、謎の殺人者に殺されていく……ちょっとビックリのラストですが、よく考えると無理あるような(笑。遥ちゃん大ショックとだけ言っておきましょう。

第7話「皆殺しの天使」

あるフリージャーナリストが撮影したとされる映像から始まるPOV風作品。ネットで見つけた集団自殺の会にメンバーとして参加し内緒で撮影している。会の主催者であるユキコさんは美人で巨乳で、非常に明るい(笑。最期にやっておきたいこととして、ラーメン食べたり、カラオケしたり…いつのまにやらカップルが出来上がってたり(笑、「さて、みなさんここで死にます」と山中で言い出したユキコさんに「生きる気になった」と言い出す参加者たち。「てめえら!」ユキコさんが豹変します(笑。

第8話「オフ会」

ワイン愛好家のオフ会で初めて顔を合わせる男女数人。翌朝マコト(男)が目覚めると隣では血だらけの女性が死んでおり自分も足を縛られて動けない。パニックの中、袋を被った謎の男(?)が現れ、死んだ女性を外へ連れ出すと、解体。マコトは前夜の記憶を必死に辿るが……これはそんなに期待するほどの内容ではなかった。最終話なのに。ちょい残念です。

 

個人的には第2話と第4話が怖かったかな意外性では第6話かも。

ソムニア~悪夢の少年~(2016年 アメリカ)

夢を具現化できる不思議な力を持った少年…しかし、同時に彼の夢には「キャンカーマン」という恐ろしい魔物が棲んでいた……怖いというよりも物悲しい話です。

息子ショーンを亡くした夫婦ジェシーマーク。詳しくは語られないけれど、ショーンは自宅の浴室で溺れたらしく、夫婦は互いのせいにし、なんとか前へ進もうとする夫マークと違い、ジェシーは眠れず、睡眠薬が手放せない。

そんな二人は8歳のコーディを養子に迎えることに素直でかわいらしい少年だったが、コーディネーターの言うとおり睡眠に障害を抱えていることはたしかなようで、眠るのを怖がり、興奮剤やカフェインを摂っていた。

ある晩、コーディが眠った数時間後、ジェシーたちは綺麗な蝶が居間中を舞っている異様な光景を目にする。コーディが夢を具現化できる能力を持っていると知ったジェシーはショーンのビデオをコーディに見せる。その晩、夫婦の前にショーンが現れ、思わず二人は息子を抱きしめる

一方、コーディには「いつもお前の側にいる」と囁く何者かがおり、恐れているのだが、眠気はいかんともしがたく、学校で眠っていると、クラスメートの男の子がいなくなってしまう(キャンカーマンにさらわれた)。自分のせいだとなんとなく気づいているコーディは眠るのを拒否するが、そんな彼に息子会いたさのジェシー睡眠薬を飲ませて眠らせてしまう……その晩悲劇が!

(若干のネタバレ&感想)

続きを読む

緊急検証シリーズ


【音楽/ナレーション挿入前】緊急検証!実録・あなたの街の霊出るハウス 前半まで

ファミ劇のオカルト番組…というか、このシリーズはうさん臭さプンプンなんだけど、とにかく笑えるので、つい見てしまいます。

www.fami-geki.com

今回も…すごかった。でも一番驚いたのは、ゲストの「動く待ち合わせ場所」と書かれた紙袋を被った中沢健氏のことをうちの息子が知っていたことだコロコロコミック(小学校高学年男子にターゲットを絞ったマンガ雑誌)に載っているらしい。コロコロと緊急検証がつながっていたとは!(←つながってない)

うちの息子はオカルト嫌いだが私のせいで色々知っていることもある(笑。

ファイナル・ガールズ 惨劇のシナリオ(2015年 アメリカ)

映画で殺される役だったママを救え!……って、まさかこの映画で泣かされるとは思わなかった(笑。スプラッタホラー映画の世界へ放り込まれたヒロインがファイナルガールとなって殺人鬼を倒す。面白かった!!  そんなに血みどろでもないのでホラーが苦手な人もカップルでお友達で楽しめるよん!

マックスは3年前に泣かず飛ばずの女優だった母アマンダを交通事故で亡くしてしまう。大学生に成長した彼女は、親友ガーティの兄ダンカンが副支配人をしている映画館で行われる80年代伝説的ホラー映画『血まみれのキャンプ場』リバイバル上映会にゲストとして呼ばれる。なぜならその映画にアマンダが出演していたからだ

その場にはマックスに気がある男子クリスやその元カノで、マックスの元親友(?)ヴィッキーも。映画が始まるが、性質の悪い客がこぼしたウォッカ(たぶん)にまた別の客のタバコの火が落ちて、たちまち引火(笑。古そうな映画館はたちまち火の海&観客大パニック。スクリーン裏にも出口があると言うダンカンに従い、マックスらはスクリーンを切り裂き、その裏へ行ったつもりが……彼らは『血まみれのキャンプ場』の世界へ入り込んでいた!

 

アマンダの役ナンシーはファイナルガール(最後に残る殺人鬼を倒す役…必ずと言っていいほど処女である)ではないので、カートに処女を捧げちゃった後殺されるのですが、映画の世界に入り込んだマックスはどうしてもお母さんとダブらせてしまって助けようとするんです。その他、スラッシャーホラーをおちょくったような場面が多数登場し、笑えます。出てくるキャラもデフォルメしすぎ。

一方、映画内殺人鬼ビリーは「俺たち部外者だから死ぬわけないって!」って言ってたダンカンを切り殺しファイナルガールだったポーラも焼死! さて、マックスたちはどうやって生き残る???

面白いのでネタバレはしません。ナンシーとマックスの会話もベタだけど泣かされたし…(私だけ?)。エンドロールが流れてからも笑わせてくれます

ハンズ・オブ・ザ・リッパー(1971年 イギリス)

切り裂きジャックに娘がいたら…というトンデモ設定ですが、意外にまともなホラー映画でした。オカルトを科学で解明しようとしていた古き良き時代(?)の名残も…… 

ハンズ・オブ・ザ・リッパー [DVD]

ハンズ・オブ・ザ・リッパー [DVD]

 

って、これ、私の生まれた頃の映画やん!(歳を数えないように!)19世紀末娼婦を残忍な方法で殺し騒がれたが結局今もって犯人がわかっていない”ジャック・ザ・リッパー切り裂きジャック)”。そいつに妻子がいたという設定ですな。今さっき、殺してきたばっかりで「帰ってきたぞ~」って、奥さん、血まみれのダンナの手を見て「あ、あなたがあの殺人鬼だったのね~」「ちっ、バレちゃぁしょうがねぇ(←なんて台詞はない)」ジャックは幼い娘の目の前で奥さんをナイフでグッサリ。でもって娘を抱き上げて「アンナ」ってキッス! その後、ジャックがどうなったのかは描かれず(投げっぱなし?)十数年経ち……

アンナはインチキ霊媒師のババアに引き取られ交霊の手伝いをさせられておりました。交霊会を依頼したご夫婦は娘を亡くした気の毒な方なんですが、同席していた議員のダイサート精神分析に入れ込んでいるプリチャード医師と結婚間近の息子マイケルもいる。プリチャードはさっそく霊媒師のインチキを見抜き、カーテンの陰に隠れていたアンナを見つける。

気の毒なアンナはババアがダイサートにお金をもらって、花の操(古っ)を奪われそうに。ダイサートが贈った宝石が暖炉の灯りにきらめき、頬にキスされた瞬間、アンナの幼い記憶がよみがえり……ダイサートの目の前でアンナはババアを殺したのであります。思うところがあったのか、外から霊媒師の家を眺めていたプリチャードは異常事態に気づき、家に入ろうとすると、出てきたダイサートとすれ違います。プリチャードがダイサートのことを伏せたため、警察も犯人不祥ということで、事情聴取は終わり、留置されていたアンナをプリチャードは家に引き取ることに。後にダイサートを家に呼び、アンナがババアを殺したと言う彼に精神論をぶちかまし、半ば脅すようにアンナの出自を調べてくれと命令

一方、マイケルの婚約者で盲目の娘ローラが結婚式のため、到着。ローラを歓迎する晩餐会の店に姿を現さないアンナを心配してプリチャードが家へ戻ってみると……階上で血まみれの手で呆然と立ち尽くす彼女がいた

(以下なるべく短くネタバレ

続きを読む