Horror好きが行く!

怖いもの好きが書く映画・本・もろもろの記録

遊星からの物体X(1982年 アメリカ)

有名すぎるジョン・カーペンター監督SFホラー。いや~、何度見ても良い、名作。 

遊星からの物体X [Blu-ray]

遊星からの物体X [Blu-ray]

 

あらためてしっかり見ると、冒頭はUFOが地球に不時着していくキッチュな感じから始まっていた(笑)。でもタイトルバックは最高ですね。不気味な音楽……ちょっと待って、音楽担当エンニオ・モリコーネだったの? 知らなかった。

この映画については基本という位皆さん書いているし、あらためて筋を述べるまでも無し(オイオイ)。簡単に言うと、1982年の南極が舞台ノルウェー観測隊の隊員が一匹の犬を殺そうとしてアメリカ観測隊基地へ入ってくる。わけのわからないアメリカ側はクレイジーなノルウェー隊員を撃ち殺しちまいます。ところがその犬は地球外生命体が擬態したもので生物を取り込み次々仲間を増やしていく……ということがわかった時すでに遅し完全に擬態してしまうと、見た目ではわからない。互いに疑心暗鬼になっていく。マクレディカート・ラッセルたちは「生きもの」を探し出し焼き殺そうとするが……

続きを読む

突然のランキング入り(笑)

なんで2年前の記事が5位にと思ったらw、田中圭さん、身体を張った(?)ドラマが好評のようです。見てないけどw 上手い役者さんですよね。 

yukiyamama.hatenablog.com

youtu.be 

 

オフィス 檻の中の群狼(2015年 韓国)

ブラック企業で追いつめられた課長が家族を殺し行方不明に。捜査のため、社員たちに聞き込みをする刑事は皆が何かを隠しているのを感じるが――う~ん、察しのいい人でなくても途中で気づいてしまうかもしれませぬ(笑)。 

オフィス 檻の中の群狼 [DVD]

オフィス 檻の中の群狼 [DVD]

 

日本でもブラック企業に働く方々が疲弊しているのを聞きますが、韓国はさらに上を行く学歴社会。ソウルで正社員で働くというのは大変なことのようです

キム課長、元気の無い様子で家に帰ってきますが、和やかな団欒の後、いきなり家族を金鎚でメッタ打ち。逃亡したのか行方知れず。

動揺する社員の元へ警察が聞き込みにやってきます。社員は皆キム課長を悪く言う人はいません。他の社員と比べて昇進は遅れていたけれど、真面目でいい人だと。

一方、インターン契約社員みたいなものかな?)ミレ刑事に呼ばれる前に同僚に釘を刺される。「あのことは黙っておけ。会社にいたければ」という感じ。

ミレは大人しく、仕事で成果も出せないのか、なかなか正社員になれない。そんな彼女に唯一優しくしてくれたのはキム課長だった。いなくなる直前のキム課長の不安定な様子を思い出すミレ。キム課長は取引先の自殺した社長からなぜか送られてきたという包丁をミレに見せる。「これに触れてると安心するんだ」と……

ネタバレってほどでもないけど以下ラストまで) 

続きを読む

恐怖(1961年 イギリス)

父親と10年ぶりに会うためフランスへ来た少女。ところが父親は出張で不在。継母は優しいが、その晩、少女は屋敷の離れで父親の遺体を見てしまう……ニューロティック・スリラーと見せかけて? モノクロですが、今見てもかなり面白いです。 

  ※日本版はなさそう(またか)

ペネロピ(ペニーは父親と暮らすためニースへやってきた。空港に迎えに来たのは運転手(雑用係?)のボブペニーは幼い頃の落馬事故で脚が動かず車椅子が欠かせない。父の屋敷に着いてみれば、彼は出張で数日不在。一度も会ったことの無い継母ジェーンがいます。彼女はペニーを気遣うが、ボブは彼女と父の主治医ジェラードとの不審な仲を匂わすことを言う。

その晩、ペニーは屋敷の離れに明かりがついているのを見かけ、そこへ入っていく。すると椅子に腰掛けた物言わぬ父の姿が! 思わずプールに落ちてしまったペニーはボブに助けられるが、意識を取り戻すとジェラード医師をはじめ、皆ペニーの話を信じない。

その後も父親しか弾けないはずのピアノの音色を耳にしたり自分の部屋でまたも父の遺体を見てしまうペニーが見ているのは幻覚なのか? 唯一の味方、ボブとともに父を探すが……

(以下ネタバレ

続きを読む

バニー・レークは行方不明(1965年 イギリス)

行方不明になった娘は実在するのか? このテのオチ映画の大元となった作品。しかし前評判通り、よく出来ている。特にラストの数十分は手に汗握ります

f:id:yukiyamama:20180405151950j:plain f:id:yukiyamama:20180405152002j:plain

 ※現在amazonでは欠品のようです。残念。YouTubeで¥300で見られますね。

ビリビリ破った紙の下から現れるクレジット。さすがソウル・バスの仕事。センスあるオープニングです。

アン・レークはアメリカからイギリスへ越してきたばかり。引越し作業で忙しい中、預けていたはずの4歳の娘バニーが保育園からいなくなってしまう。園中を探したが見つからず、アンは思わず兄のスティーブンを呼ぶ。

最初に子供のことをお願いしていた給食のオバちゃんがいなくなってしまったことや、責任者が歯医者に行っていていないとかゴタゴタあるんで、誘拐かな?とも思える。しかし警察が家を捜索したところ、バニーの物がなにひとつ見つからない。ここから……もしやアンって???とも思えてくる。そもそも最初からバニーが登場していないからです。

担当のニューハウス警部もアンの精神を怪しみはじめるが……

(以下ネタバレ

続きを読む