Horror好きが行く!

怖いもの好きが書く映画・本・もろもろの記録

ハンズ・オブ・ザ・リッパー(1971年 イギリス)

切り裂きジャックに娘がいたら…というトンデモ設定ですが、意外にまともなホラー映画でした。オカルトを科学で解明しようとしていた古き良き時代(?)の名残も…… 

ハンズ・オブ・ザ・リッパー [DVD]

ハンズ・オブ・ザ・リッパー [DVD]

 

って、これ、私の生まれた頃の映画やん!(歳を数えないように!)19世紀末娼婦を残忍な方法で殺し騒がれたが結局今もって犯人がわかっていない”ジャック・ザ・リッパー切り裂きジャック)”。そいつに妻子がいたという設定ですな。今さっき、殺してきたばっかりで「帰ってきたぞ~」って、奥さん、血まみれのダンナの手を見て「あ、あなたがあの殺人鬼だったのね~」「ちっ、バレちゃぁしょうがねぇ(←なんて台詞はない)」ジャックは幼い娘の目の前で奥さんをナイフでグッサリ。でもって娘を抱き上げて「アンナ」ってキッス! その後、ジャックがどうなったのかは描かれず(投げっぱなし?)十数年経ち……

アンナはインチキ霊媒師のババアに引き取られ交霊の手伝いをさせられておりました。交霊会を依頼したご夫婦は娘を亡くした気の毒な方なんですが、同席していた議員のダイサート精神分析に入れ込んでいるプリチャード医師と結婚間近の息子マイケルもいる。プリチャードはさっそく霊媒師のインチキを見抜き、カーテンの陰に隠れていたアンナを見つける。

気の毒なアンナはババアがダイサートにお金をもらって、花の操(古っ)を奪われそうに。ダイサートが贈った宝石が暖炉の灯りにきらめき、頬にキスされた瞬間、アンナの幼い記憶がよみがえり……ダイサートの目の前でアンナはババアを殺したのであります。思うところがあったのか、外から霊媒師の家を眺めていたプリチャードは異常事態に気づき、家に入ろうとすると、出てきたダイサートとすれ違います。プリチャードがダイサートのことを伏せたため、警察も犯人不祥ということで、事情聴取は終わり、留置されていたアンナをプリチャードは家に引き取ることに。後にダイサートを家に呼び、アンナがババアを殺したと言う彼に精神論をぶちかまし、半ば脅すようにアンナの出自を調べてくれと命令

一方、マイケルの婚約者で盲目の娘ローラが結婚式のため、到着。ローラを歓迎する晩餐会の店に姿を現さないアンナを心配してプリチャードが家へ戻ってみると……階上で血まみれの手で呆然と立ち尽くす彼女がいた

(以下なるべく短くネタバレ

続きを読む

パラノーマル・アクティビティ5(2015年 アメリカ)

えっといきなり合間飛ばしてシリーズ物見るなっつ~の(笑。と自分に突っ込んでみた。そのくらい訳わからんでした。えっと1作目のケイティが暮らしていた家にライアン一家が越してきて娘のリーラが「見えないお友達」と遊び始めますよ。 

パラノーマル・アクティビティ5 [DVD]
 

POV方式は嫌いなのに…なぜ見てしまったんだろう(笑。画面酔いはガタガタ揺れるところでは視線を外すなど回避する術(?)を覚えましたが…あの違和感はどうしても拭えません生きるか死ぬかの瀬戸際になぜ録画し続ける??? そんなに録っておきたいのか? うちのレグザさんのハードディスクもたまにご機嫌が悪いと予約したのに録られてないことがありますが(笑、なんか…私はPOV向きじゃないんですね(向き不向きがあるのか?)。

えっと人の解説に頼ってしまってすみませんが、今までのシリーズを時系列で解説してくれている以下の方の素晴らしいページにて今までのいきさつをご理解下さい。私にはうまく解説できる自信がない(たぶん1と2は見た記憶があり)。

https://元ボクサーの一念発起.com/2016/06/19/paranormal-activity5/

で、リーラはトビーという見えないお友達と話すようになり…のありがちすぎる流れと共に両親らがかつてこの家で起こったことを知るんですね(てか不動産会社にケイティなんて勤めてないって…先に確認せんかったの? ダンナは嫁を責めてたが)。

(以下ネタバレ

続きを読む

7500(2015年 アメリカ)

ロサンゼルス発東京行きヴィスタ・パシフィック7500便。わずかな乱気流の後突然具合が悪くなってそのまま謎の死を遂げたビジネスマン。少しずつ、機内で異変が起こりはじめる…… 

7500 [Blu-ray]

7500 [Blu-ray]

 

アメリカだけど、監督は清水崇。そう伽椰子の映画の。なので…男が血を吐いて苦しみ出すとか死体が動いたとか男の荷物探ってみたら変な人形が出てきたとか、はては操縦室の機長も副機長も死んでるとんでもない事態に震える乗客たちですが……そうです、あのオチでやんすよ。待っていたのはあのオチさ。

(以下ネタバレ

続きを読む

僕だけがいない街(2016年 日本)

リバイバル…何か事件が起こる前に戻る能力を持った主人公が、母親が殺された直後戻されたのは…小学生の頃、同級生が殺される前の1988年だった。厳密にはSF+サスペンスでホラーじゃないけど、やたら長い映画が多い昨今、なんとか2時間にまとめてます

マンガが原作で、アニメ化もされている有名な作品(両方とも未見です)。なのでおそらくは原作の方がいいのでしょうが、何も知らない私が単独で見て映画として普通に面白かったです。 正直言うと、ラストに向けて忙しいのが難ですが。原作もそうなんでしょうけど、小学生時代の二人(中川翼・鈴木梨央の甘酸っぱい関係がいいですね舞台が北海道(現在の2006年は千葉?)なのも良いです

舞台は2006年、主人公藤沼悟藤原竜也は売れないマンガ家でピザ屋でバイトもしている。実は悟は何か事故や事件が起こると、その少し前に戻ることができる不思議な力がある。トラックが歩道の小学生に突っ込む事故をその能力で防いだはいいが、対向車にぶつかってしまい、自分がはねられてしまう。運よく軽傷ですみ、それを見ていたピザ屋のバイト仲間片桐愛梨有村架純と親しくなるも上京してきた母親佐知子石田ゆり子が何者かに刺し殺される。犯人を追った悟は、警官たちに逆に疑われ、逃げる途中、また不思議な感覚に襲われ…リバイバルしたのは小学校5年生だった1988年連続殺人鬼に同級生の女子雛月加代鈴木梨央が殺される前だった母親の死はこの過去の連続殺人を阻止することで回避できるのではと考えた悟は11歳の自分の姿で加代をなんとか守ろうと試みるが……

(以下ネタバレを含む感想) 

続きを読む

「怖い絵」展

妹に誘われてて、HP見たら、やっぱ行きたいな~と思った次第。中野京子さんの著書はもちろんいくつか読んでて、不気味な絵も好きだし、楽しみになってきた~。東京でやるのは10月~ですが…混みそうだな。平日に行くから…いくらかマシだとは思うけど。

「怖い絵」展 | オフィシャルホームページ 見どころやチケット情報など 2017年 兵庫県立美術館・上野の森美術館にて開催

中野京子さんは新しい切り口で絵画への入口を開いた人だと思う。なんでもない絵も、その詳しい歴史的背景とか、画家自身の当時の心境とか教えてもらえると、印象が変わってくるというか…。とにかく、絵を見るのが面白くなります。  

怖い絵 (角川文庫)

怖い絵 (角川文庫)

 

この辺りなんか、文庫で安価で手に入ると思うので、興味を持った方、是非是非。