読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Horror好きが行く!

怖いもの好きが書く映画・本・もろもろの記録

ノーマッズ(1985年 アメリカ)

不思議なテイストの作品。なんだかよくわからなくてもう一度見直して…ようやく納得(?)。『ダイハード』のジョン・マクティアナン監督のデビュー作。 

ノーマッズ [VHS]

ノーマッズ [VHS]

 

 ※ ブルーレイがあるようなんですが…amazonではこれしか出てこなかった(笑。

導入部は大変引き込まれる。深夜の病院に担ぎ込まれたフランス人。血だらけでわめいているが、フランス語がわかる人がその場にいず、夜勤担当の女医アイリーンが対応する。彼女が男の瞳を覗きこむと、『ニ・ソン・パ ソン・デジノワ……』奇妙なメッセージを残し、男は彼女に襲い掛かるようにして倒れ、そのまま死んでしまった

その直後からアイリーンに謎の幻覚が見えはじめる。どうやら死んだ男、カリフォルニア大学の人類学者ジョシュア・ボミエ(なんとピアース・ブロスナン!)の記憶を追体験しているようなのだ。妻のニキと共にここに越してきて、新生活をはじめようとしていたが、壁の落書きから、どうやらこの新居で昔ミュージンシャンが殺人事件を起こしたことがわかるボミエの記憶を辿るがごとく、病院から姿をくらましたアイリーン。一方、アイリーンの家を訪ねた同僚が電話を取ると、アイリーンから調べ物を依頼されていた男(おそらく元夫?)が語った。「デジノワ」とはエスキモーの言葉で「イヌアト」と言い悪霊を意味すると。同僚はフランス語ができるらしく、謎の言葉を「彼らはイヌアトだ。近づくな」と訳した。

ボミエ(の記憶を追体験するアイリーン)バイカーのような身なりの妙な連中につきまとわれはじめる。逃げ込んで入った廃屋では、シスターからボミエさんね、あなたは深追いしすぎたわ。とにかく、この街からすぐに出て名前も仕事も変えた方がいいわ。なぜなら…彼らに気づかれたから」と意味深なことを言われる。が、時すでに遅く、ボミエは死んでしまった。一体、彼に何が起きたのか?

ちゃんと解決しませんが気になる人は以下ネタバレをどうぞ

 

 

ん~、ちょっと不親切な作りです。単純にホラーを期待して見ると肩透かしを食らうかも。なぜアイリーンがボミエの幻覚を見るようになったのかはわかりませんが瞳を見たのがきっかけとしか思えないですねボミエ自身は、ここに来る前はエスキモーと交流があったようですし…そこで何か体験してしまったのか、それともカリフォルニアの新居(での殺人事件)が引き金だったのか…それはよくわかりません。が、「他の人が見えていても気にしないものに気づいてしまった」とシスターが言うように、自縛霊が見えるようになったのでは?と思います(そうとしか解釈できない)。

「この街から出なさい」とシスターが言う意味は、ラスト、ニキとアイリーンが車でカリフォルニアを出ようとする際追いかけてきたバイカーがボミエだったこと(この映画の肝場面?)や、彼がそこから出ることなく引き返して行ったことからその場所以上は追いかけてこられない…みたいです。でもそうするとノーマッズ(放浪者たち)の意味がよくわからないなぁ…。着眼点はすごくいいのに作りが雑なのでよくわからない映画で終わってしまったのが非常に残念

ところで全くの蛇足ですが、途中ボミエの記憶で、ビルの屋上からノーマッズの一人を投げ落とす場面があるんですけど落ちていく男の描写が『ダイハード』のハンスと一緒(笑。というか、こちらが先ですね。『ダイハード』はめっちゃ面白い映画なのに…。