Horror好きが行く!

怖いもの好きが書く映画・本・もろもろの記録

燃える昆虫軍団(1975年 アメリカ)

うん、題名がかもし出すB級感…いやZ級。 

燃える昆虫軍団 [DVD]

燃える昆虫軍団 [DVD]

 

 お話ですが…田舎町(どこかはわかりませんが蒸し暑そうなので南部でしょう)でいきなり大地震が発生したところからはじまります。ところでこの作品、なんか意味ありげなシーンに見えてじつはなんでもなかったパターンが多くてずっこけました。前半は大地震によって地割れができてそこから出てきた昆虫(大きめのゴキブリのような…気持ち悪いですが南国にいそうな感じ)が発火し、ところどころで火災が起きますが、主人公の昆虫学者ジム以外特に危機感は感じていない様子。

後半…奥さんが昆虫にやられたからかわかりませんが、ジム暴走。発生源の地割れがある農場に住みつき、昆虫の生態を研究しはじめます

以下、私がずっこけた場面です…(ネタバレです)

 

1.ジムの妻キャリーと農場主が教会で会話するんですが、借りたハンカチでキャリーが汗を拭いたりとか…友人の気安さを越えてる気がする…

2.そう思ってしまうと、農場主(昆虫に燃やされて死ぬんです)の葬儀で、彼の長男をしみじみ眺めて「お父さんに似ているわ」と言うキャリーが意味ありげに見えてしまう…隣に娘ノーマもいたのに。

3.ノーマの恋人メトバウムが昆虫に気づいて、大学時代の恩師(?)ジムに持っていくんですが、箱に入ってるのが猫の死体(昆虫もくっついていたかもですが)…そしてそれを見せるのが昼食中って

4.ジムは昆虫になんとゴキブリを交配させて異種を作り出す←映画『ミミック』のように昆虫を退治するために異種を作り出したのでは…というのは私の考えすぎだった

5.ジムは異種の研究を続け、生肉しか食べないことを発見街で人が襲われてグログロの大パニックを期待したのに

6.意思を持って集団で行動することがわかってきた異種。しかも卵は5時間で孵ってしまう←って、いよいよ街へ出て大パニックでしょう…と思ったら、なぜか彼らは卵を持って地割れの中へ

7.心配して様子を見に行ったジムの同僚マークの妻シルビアが昆虫軍団に襲われます…とばっちり以外の何者でもない←結局この映画で昆虫にやられて死んだのは農場主と息子、キャリー、シルビアだけです。グロは期待できません

8.地割れから異種の大発生ジム襲われて火達磨。なぜかジムが地割れに飛び込むと昆虫軍団も飛び込み、なぜか(地震が起きたのか?)地割れが閉じる! そして唐突にエンドロールです

 

結局のところ、マークの言う通りほっとけばよかったのです。ほっておけば繁殖能力はなかったので自滅する。それなのにジムは無理やり交配させて異種を作ったり…なんというか前半(昆虫パニック)と後半(マッドドクターもの)で違う映画になっちゃってるのがB級なんでしょうね