読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Horror好きが行く!

怖いもの好きが書く映画・本・もろもろの記録

ヘルレイザー ゲート・オブ・インフェルノ(2000年 アメリカ)

映画

ヘルレイザーシリーズの5作目…だそうですが、なんか個人的には違うんじゃないかと(ピンヘッドは出てくるけど)。でも「嫌な感じ」に面白かったです。おそらくゲームサイレントヒル』シリーズが好きな人はハマる内容だと思う。 

ヘルレイザー ゲート・オブ・インフェルノ [DVD]

ヘルレイザー ゲート・オブ・インフェルノ [DVD]

 

主人公ジョセフ・ソーンは刑事。が、コイツのっけから嫌なヤツです(以下⑦つはサイテーなことしてます)。相棒トニーに対するかなりバカにした態度「家庭を大切にする」とのたまいながら、奥さんには仕事と偽り娼婦を買う

で、まずヘルレイザーと言えば「ルマルシャンの箱」と呼ばれているパズルボックスですが、今回は第一被害者の現場で見つかります(かなりズタズタに引き裂かれ、原型を留めてない遺体…パズルを開けたんでしょうね~)。被害者チョウジョセフの高校時代の同級生だったジョセフはチョウについて「やつは変人だったので、バスケ部に入ってたけど、みんなで追い出した(←ぜったいオメ~も加担してるだろ)」と語る。

署に戻ったジョセフは指紋の採取が終わったチョウの財布から金をチョロまかすパズルボックスが気になりそれも懐へ

その後、いったん家へ戻って眠る娘に顔をスリスリしますが…奥さんには「薬飲んでよく眠れ」って言い残し、また出て行く。そして娼婦ダフネとクスリをキメながら一晩過ごす。トイレでパズルボックスをいじっていたら、動き出し…妙な世界に連れて行かれます。子供の頃過ごした子供部屋。遠くから「助けて」と子供の悲痛な悲鳴が。ジョセフが別の部屋へ出て行くと、口だけののっぺらぼうの怪物たちが襲い掛かってくる。が、目覚めるとトイレに横たわっていた。夢だったのか…と署に戻り、しばらくするとダフネから電話が。なにやら恐ろしい目に遭っている様子。モーテルへ戻ってみると、バスルームに無残なダフネの遺体が。そして、チョウの現場でも見つかった子供の指がここにも。で、なんと、相棒トニーに証拠隠滅の片棒を担がせつつトニーの私物を現場に置いていく…サイテー野郎のジョセフ。

箱から採取された指紋を辿るとある刺青屋に。かなり暴力的にチョウのことを攻め立てるジョセフ。刺青屋は「箱はエンジニアが作ったものだがチョウには買えなかったので勝手に持ち去ってった」と。そこで怪物の幻影を見てしまうジョセフ。エンジニアとは何者だ?と問うと、「エンジニアを追うとエンジニアは追いかけてくる」とビビリ気味に語り、逮捕するなら逮捕しろ、絶対エンジニアについてはしゃべらない…と刺青屋。別のルートに…といつもクスリを買っているアイスクリーム店(表向き)の店主かつ情報屋のバーニーからダフネのことを聞くと、元締めトニーから聞いたエンジニアの恐ろしい話を教えてくれた。エンジニアという男が鍵だと確信を深めるジョセフだったが、この際も⑦必要以上にバーニーに殴る蹴るの暴行を加えてたのを忘れてはいけません。

そのわりに子供の指が生きている状態で切られたもの(酷い!)と聞いて子供を早く見つけ出して救出したいと思っているジョセフ。さて、かれはエンジニアに辿りつけるのか? そんな中、謎のビデオテープをおつかいの少年経由で渡され見てみると鈎針のついたムチで無残に叩かれるバーニーの姿が……

 

あのですね、ちゃんとした「オチ」を求める人には、この作品、オススメできませぬ夢なのか現実なのか区別のつかない感じとか追いつめられてくジョセフの姿とか…こいつがまた何度も書いてますが全く同情できないヤツなので、そういうのが見たい人のみ(?)どうぞ(笑。あと、ピンヘッド様もほっとんど出てこないの。それはちゃんと書いておかないと。