読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Horror好きが行く!

怖いもの好きが書く映画・本・もろもろの記録

ザ・ドア 交差する世界(2009年 ドイツ)

自分が浮気している間に娘が事故で死んでしまった不思議なドアから5年前のあの日に戻った主人公は娘を救おうとする。SFなんでしょうけど、展開はサスペンスホラーですよ。 

 <ストーリー>有名画家のダヴィッドは、妻マヤの留守中に隣人で愛人のジアとの情事を楽しんでいた。ところがその間に、1人娘のレオニーが自宅の庭のプールに落ち、そのまま溺れ死んでしまう。5年後、妻マヤとも別れ、全てを失ったダヴィッドは自殺未遂をするが果たせず、不思議な蝶に導かれるままに怪しいトンネルに入って行く。そして奥のドアをあけると、そこは5年前のレオニーが事故に遭う日であった。ダヴィッドは自宅の庭に駆けつけ、プールに落ちたレオニーを救い出す。レオニーを休ませたダヴィッドがそのまま家にいると、ジアとの情事を終えて帰って来た「5年前のダヴィッド」がダヴィッドを泥棒と勘違いして襲いかかってくる。2人はもみ合いになり、ダヴィッドは誤って「5年前のダヴィッド」を殺してしまう。ダヴィッドは「5年前のダヴィッド」の死体を庭に埋め、この世界のダヴィッドとして生きて行くことにする。改めて人生をやり直すことになったダヴィッドは、かつてのダヴィッドの浮気で険悪な関係にあった妻マヤとの関係を修復し、レオニーともども家族3人で幸せに暮らすようになる。ところがダヴィッドの誕生日パーティの夜、親友のマックスはレオニーの描いた絵から、ダヴィッドが入れ替わったことに気付き、庭に埋められていた「5年間のダヴィッド」の死体を見つけてしまう。マヤに事実を明かすと言うマックスにダヴィッドは秘密にしてくれと頼むが、マックスは聞く耳を持たない。そこに突然隣人のシギーが現れてマックスを殺してしまう。訳が分からずに取り乱すダヴィッドは、シギーに言われるままにマックスの死体を森の奥に埋める。この事態にダヴィッドはマヤとレオニーを連れて5年後の世界に逃げようとするが、シギーに妨害される…(Wikiより引用) 

この変な隣人シギーの正体がわかった頃から雪崩式に嫌な展開になっていきます。娘のレオニーが最初怯えつつも母マヤよりも状況を理解するのがスゴイと思いました。子供だから逆に素直に受け入れられるのかな?

面白いか…と問われると、どうかな~?(私は面白かった)

ネタバレ無しで、前知識も無しで見た方がハラハラできるかも