読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Horror好きが行く!

怖いもの好きが書く映画・本・もろもろの記録

モーガン・ブラザーズ(2012年 オーストラリア)

♪おれたちモーガン・ブラザーズ、肥料のことなら任せてや~♪(←適当)スーパー(巨大)に何でも育つよ、の肥料作りで大成功しかけている田舎の兄弟。しかしてその秘密は…ここでも「ド田舎=悪魔のいけにえ」の偏見が…しかしあながち当たってなくもない。これはコメディーなんですかね?次々予想を裏切る展開が面白すぎました。 

モーガン・ブラザーズ [DVD]

モーガン・ブラザーズ [DVD]

 

モーガン弟のレジがトラックを運転している途中、事故った車をみかけます。オ~イ、大丈夫かぁ? とドアを開けるとぐったりした血まみれ男がドサッと落ちてきます。し、死んでる? 普通「う、うわぁ」とキョドリながらも警察に電話するところですが、レジはその男を自分のトラックに運びはじめた

車がエンコした犠牲者さんたち登場。田舎町の先でやってるロックフェスに向かう途中だったよう。真面目男ジェームスが一生懸命エンジン見てるっつ~のに、彼女ソフィーとジェームスの悪友ウェスは水汲み行くついでにイチャついている。そ知らぬ顔して戻ってくる二人に、ジェームスもプロポーズで渡そうとしてた指輪を慌てて拾う。なんとものんびりした展開であります。

この近辺で6人もの人間が交通事故後神隠しに遭ったかのように行方不明になっていることを除いては 、平和そのものの田舎町であります。

どっちつかずなソフィーの態度にイラついたウェスが、も少し待てばいいのに(たぶんオーバーヒート?)車を動かしちゃったもんだから…完全にイカレて動かなくなってしまいました。で、ヒッチハイクをしてみたらばレジのトラックだったのさ。肥料の陰に隠されてた事故犠牲者男の遺体を荷台に乗せられてたジェームスたちが見つけちゃったからさぁ大変。とりあえずごまかしながら、自分の肥料工場へトラックを走らせるレジ。うちではチャーリー(大得意先)の督促と弟のボンクラさに頭から湯気出てる(誇張)兄リンゼイ仁王立ちで待ち構えていた……

(以下若干のネタバレ

 

 

まぁ大方予想がつくと思うので書いてしまいますが、モーガン兄弟肥料の秘密は人肉を混ぜていたんですね(巨大なミンチを作る機械に入れちゃいます…)。一応今までは事故で亡くなった遺体をちょっと拝借(?)して作っていたのですが、今回ちょっとした事故(?)から、恐怖を感じながら混ぜられる(つまり…生きたままミンチに…)カリウム値が高くなり肥料の質もより良くなると気づいちゃった兄リンゼイは弟がバカやってつれてきちゃった3人を肥料に使おうとするんです

グログロ血みどろを期待すると…ちょっとハズレます。なんかのん気な展開続くし(田舎町の手作り遊園地?でウェスがラリった状態で逃げる場面とか笑えます、ホノボノしてて)、ちょっと…そう、「じれったい」という言葉がしっくりくるかと。

兄リンゼイも終始冷静かと思いきや叔母さんの家での出来事にはブッ飛んじゃいましたわ。そしてレジのまさかの自立ソフィーちゃんも一筋縄ではいかない女子です(ジェームスの細かい追及には女子は誰でもため息モノでありましょう)。

エンドクレジットが流れてからもちょっとオマケがあるので見逃さないように