読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Horror好きが行く!

怖いもの好きが書く映画・本・もろもろの記録

トランストリップ(2013年 チリ・アメリカ)

そもそもメンタル豆腐状態の女の子が初の海外旅行で、唯一の味方の従姉妹が中抜けしちゃってスペイン語はわからないわ、完全アウェー。ジワジワと精神的に追いつめられた先に……血しぶきを期待しないでね見る人によって好みが真っ二つに分かれる作品。どちらも悪くない…悪くないんだよね。 

トランストリップ [DVD]

トランストリップ [DVD]

 

アリシアは初の海外旅行で従姉妹のサラが住むチリへやってくる。飛行機での長旅で疲れてるのに、出迎えたサラと友人一行サンティアゴには何もないから南部にある別荘へ連れてってあげる…と。この時点で、アリシア疲れてるの。とりあえずシャワー浴びさせてもらうんだけど、その間、サラの友人たちはアリシアを面倒がっている様子がアリアリ。一緒にでかけるご一行紹介

サラ……アリシアの従姉妹。チリの学校に通っている。もうかなりこの国に慣れてる

アウグスティン……サラの彼氏。おそらくチリのマプチェ族出身?スピリチュアルなものに興味がある?

バルバラ……アウグスティンの姉。最初にアリシアを「面倒な子」呼ばわりした。誤ってアリシアが彼女のカバンを海(湖?)に落としたためさらに険悪な関係に

ブリンク……アウグスティンの友人。父は外交官でお金持ちらしい。サラがアリシアへの当て馬として考えた男の子。だが、KYな性格がさらにアリシアに嫌われる。

 

12時間の車の旅。かけるCDでも彼らとは気が合わず、たまに自分のわからないスペイン語を話されると「私の悪口言ってる???」とキョド2しちゃうアリシア。つ、辛い。普通の神経でもこのアウェー感はツライと思います。なのに、唯一の味方だったサラがなんと学校の大事な追試を受けるとかで途中で戻ってしまいます。明日には合流するから…というけれど(涙。

おそらくアウグスティンの親戚であるメルダの案内で船に乗り島の別荘へ。ところがそこでの日々はアリシアにとって悪夢でしかなかった

 

人によって評価が分かれる…というのは、誰寄りに見るかにもよるんですよねアリシア寄りに見るとブリンクやバルバラは自分に嫌がらせする存在にしか見えない。でも冷静に見れば、(やりかたはどうかと思うけど)彼女が場に馴染めるようにしようとしてるだけ。ただ、お互いの状態(性格?)が合わなかった…という感じです。アリシアの追いつめられ感がスゴイです…そして予期せぬラストへ。おとなしめなBGMも何やら不安をあおりますので精神が凹んでいる時には見ないことをオススメします。

 

なんかこの小説思い出しちゃった…親切が相手には苦痛となることがある。 

ロウフィールド館の惨劇 (角川文庫 (5709))

ロウフィールド館の惨劇 (角川文庫 (5709))