読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Horror好きが行く!

怖いもの好きが書く映画・本・もろもろの記録

ザ・ゲスト(2014年 アメリカ)

映画

突然の急展開ね~と思ったら、『サプライズ』の監督さんだったのね。納得。「オメーは〇〇か!」とツッコミたくなるラストです。でも面白いよぅ

ザ・ゲスト [DVD]

ザ・ゲスト [DVD]

 

亡くなった兄と同じ軍隊だったとディヴィッドという青年がいきなり訪ねてくる。ハンサムで謙虚な態度に母親ローラをはじめ、家族皆が彼に気を許ししばらく滞在するよう歓迎するが、長女アナだけは彼の不審な動きに気づき…という話なんですが、半チンタラした展開が辛くなくもないんだけどがんばって見てると急展開になりますので!

このディヴィッドがピーターソン一家に入り込む方法が自然極まりないの。そもそも息子ケイレブを亡くしてて、出世できない不甲斐ない夫と口論が耐えないローラには軍隊での息子との思い出話をしてすぐに心を掴む父親スペンサーは最初ディヴィッドを不審な目で見るんだけど、御酒と愚痴に付き合ってあげたらすっかり心許しちゃう。末息子ルークは学校で虐められてるんだけど、それもディヴィッドがそのイジメっ子を完膚無きまでに叩きのめしちゃうね(その方法もまた巧みで、警察沙汰にできないような方法でやるのよ)。そんな謎の男ディヴィッドを一人遠巻きに見ていたアナなんだけど、パーティに一緒に行った晩、自分の彼氏とは程遠いスマートな対応に少し心を開きかけた…?

翌朝、偶然、ディヴィッドが外でかけてる不審な電話を盗み聞きしてしまったアナは、彼はディヴィッドではないのでは?と軍へ問い合わせるとディヴィッドは1週間前火事で死んでいると聞かされ……

(以下ネタバレです)

  

 

 

同時に慌てて動き出したのはKGPという会社。どうやら会社存続に関わる機密事項らしいあくまで秘密裡だけど重厚な装備で出発する4台の車

そしてデイヴィッドも狂気の正体をついに露わに。アナの知り合いから銃を購入しようと、採掘場へ。そこで銃を手に入れたとたん、密売人とアナの友人を撃ち殺す。その証拠をアナの彼氏の車にしのばせるのも忘れず。

彼氏が逮捕され、とうとう家族の前でディヴィッドに「あなたは誰なの?」と訪ねるアナだったがディヴィッドは「実は特殊部隊の人間だから正体を明かせなかった」と切り返し、家族もそれを信じてしまう。

彼氏が友人を撃ち殺した疑いで逮捕されたのを聞き、ますますディヴィッドへの疑念を深めたアナは弟ルークにディヴィッドの携帯の通話履歴からどこへ電話していたのか突き止めるよう頼む。ルークがネットで調べてみると、免許を剥奪された(何でもやるんだろうね…)医者だった。直後、イジメっ子の仲間からまたからかわれたルークだったけど今度は殴り返した

同級生を殴ったことで、ローラは学校に呼び出される。そこについてきたのはディヴィッド。暴力沙汰はすぐ退学という校長に、ここでもディヴィッドは強気で裁判沙汰にしますよと切り返すのね(またこの場面もスマートな言い方が逆に怖い)。1ヶ月、放課後の奉仕活動で済ませる退学を免れさせ強い自分にしてくれたのはディヴィッドだと思ったルークは、姉を裏切り、ディヴィッドに姉が彼を疑っていることを言ってしまう

ローラもすっかり、ディヴィッドに感謝。一緒に洗濯物を干したり、なごやかムード。そこへやってくる黒塗りの何台もの車。降りてきた男たちは軍隊の装備。写真をローラに見せ、彼はどこにいるとたずねる。わけのわからないローラの前でとつじょ始まる銃撃戦

なんとか電話をかけようとするローラとはちあわせしたディヴィッドは謝りながらも躊躇なくローラの胸をナイフで一突き。動きが軍隊上がりとはいえ、普通じゃないのね。銃撃戦をかいくぐり、車で脱出。途中で向こうからスペンサーの車が走ってきたら、これまた躊躇なくぶつかって、わけがわからず血だらけのスペンサーも撃ち殺す

なんとか一人生き残ったカーヴァー少佐は、アナがいるバイト先のダイナーに先回りする。アナを車に乗せ、急いでルークの学校へ向かう。直後にディヴィッドがダイナーにやってきて、アナの親友クリステンをこれまた躊躇なく撃ち、仕上げに手榴弾を投げ、ダイナーごと爆破

車の中でアナがカーヴァーからなんとか聞き出したのは、両親がすでにディヴィッドに殺されたこと、ディヴィッドというのは偽者で、特殊実験の被験者だということ。そして優秀な兵士であり自分の秘密を知る者はかならず殺すよう訓練されていてそれは彼の意思とは関係なくしてしまうことだと…(んな、バカな~~)。

ハロウィンイベントでお化け屋敷を作る手伝いをしていたルークは無事見つかる。が、直後に電灯が落ち真っ暗にお化け屋敷で化物ディヴィッドと追いかけっこ&かくれんぼこの場面はホラー映画ですね、とっても。

で、不幸にも居残り担当の先生カーヴァー少佐と次々殺されていくアナはルークを隠し果敢にもディヴィッドに立ち向かうが……

 

全てが終わり、炎も鎮火しかけている。救急車の中で震えて寄り添うアナとルーク。駆けつけた警察や消防隊員の話から、歯が無い黒こげの死体が2体見つかったと。2体…嫌な予感がするアナの目の前を重い足取りの消防服の男が通り過ぎ…ヘルメットの中の男の顔を見たとたん、アナは「何なのよ!」と声をあげEND

 

いいですね~~、でも人間超えてるよねディヴィッド(という偽名の誰かさん)。思わず「オメーはマイケル・マイヤーズか!」と思ったら、Wiki見たら監督さん自身「ハロウィン」+「ターミネ-ター」を組み合わせたって言ってるらしい(笑。いいです!面白かったです!! 実験とは正直どういうものだったのか? 彼は何のために逃げ続けるのか? …んな事ど~でもいいほど真っ当ホラーだったかも、終わってみれば。