読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Horror好きが行く!

怖いもの好きが書く映画・本・もろもろの記録

人造人間13号(2013年 カナダ)

映画

なんと日本で劇場公開していた(2015年2月)。題名がとびきりB級臭漂わせているってのにクリリンの奥さんじゃないよ(笑。法医学の課外実習で軍の実験場跡地に赴いた教授と生徒たちが謎のゾンビたちに次々襲われて…とよくある話です。 

人造人間13号 [DVD]

人造人間13号 [DVD]

 

意外にも実習は真面目です。2人1組でチームとなり、モノホンの死体(教授たちが用意してます)を見つけ出し、検体を採取し、死因などを分析するようです。もちろんゲロしたりすると、減点になります(キツイ…)。この死体たちがなんともリアルなので意外とお金かかってるのかもしれません

犠牲者さんたち学生の中でまあまあルックスのいいのは、メーガン(メグ)ダニエルくらいかな~。あとはとってもモブって感じです(失礼)。で、ダニエルは冒頭からメグに一直線な感じですが、苦学生のメグは相手にしてません。この実習では2人しか合格枠がないようで、彼女は必死なのだ。

そんな中、運転手兼料理人のラリーさんが、シケモク(ドラッグ?)吸いながら、色々ドジやらかします。軍が投げ出すように置いていったわけのわからない廃棄物をこぼして唯一の通信手段トランシーバーをダメにしちゃったりとか…典型ですな。

まあ、それとは関係なく(あったのかな~、もう忘れた)、この跡地ではラリーさんが言うには軍がある実験を囚人を使って行っていたが失敗しその囚人さん何体かが逃げ出したという噂があるのだ。で、それは噂ではなく(笑、囚人ゾンビたちがなぜか急に歩き出し(人間が来たからかな?)、生徒たちを襲いだします。一番モブっぽい人たちからやられはじめます。

まあありがちな経過とありがちなラストなんですけど、意外とハラハラしながら見てしまった私(笑。そういえばホラー映画、久々に見ました。