読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Horror好きが行く!

怖いもの好きが書く映画・本・もろもろの記録

ハッピーボイス・キラー(2014年 アメリカ)

一人暮らしって独り言が多くなりがちですよね…じゃね~、これは完全にサイコくんですがな! シリアルキラーなんですけど、ちょい物悲しいです(コメディらしいですが)。 

ハッピーボイス・キラー [DVD]

ハッピーボイス・キラー [DVD]

 

ジェリーは郊外のバスタブ製造工場で働いている。この会社の趣味なんでしょうか、ショッキングピンクの包装やリフトカーが妙に画面から浮いて見えます。

上司からいきなり「精神科医と話はしているのかい?」と訊かれているところから、ジェリーはワケありなんだなとしょっぱなからわかりますが、工場での親睦会の準備係になってはりきったり、経理課の美女フィオナを「いいな~」と見つめる眼差しは普通の男に見えます

ところが、精神科の先生ウォーレン女史からは「薬は飲んでるの?」と訊かれ、「じつは飲んでないかも」「今も声が聞こえるの?」とか…話している内容はちょっとヤバめな感じ。で、家に帰ってきたらば、猫のMr.ウィスカーズと犬のボスコと会話中。…まぁ、ペットに話しかけるのは普通に誰もがありますが、返事が返ってくるのは普通じゃないよね

フィオナはジェリーにデートに誘われたりするんですが、経理課女子友とのカラオケ(笑)を選び、ジェリーは哀れ、すっぽかされます。フィオナは帰りに雨に降られ、に乗ったはいいが、故障。携帯も水没しちまって、ど~しましょ状態のところに通りかかったジェリーの車。雨に濡れたフィオナが天使のように輝いて見えるジェリー。このまま不器用なラブストーリーが進みそうかと思った矢先、ジェリーは鹿を跳ね飛ばしちまいます。フロントガラスを壊して突っ込んできた血だらけの鹿。ジェリーには鹿が「苦しいよ…早く楽にしてくれ…ジェリー」と哀願してくるように聞こえ思わずナイフ(なぜ持ってんねん!)を取り出し鹿の首をスッパリ裂きます。血しぶきを浴びた助手席のフィオナは当然大パニック。あんた、何考えとんねん? 近づかんで~と車から飛び出して走り出す。ジェリーはあわてて「そんなとこ行ったら迷っちゃうよ」とナイフを持ったまま、彼女を追いかける。「やめて~、助けて~」と倒れたフィオナに、わざとじゃないのでしょうが(?)ナイフを刺してしまったジェリー。が、今度は楽にしてあげようとナイフを何度もグサグサ…これは完全に殺意ありでやんす。Mr.ウィスカーズにも言われます「お前はこれをやりたいんじゃ~認めろや~」。一方、善の声(?)ボスコは君は賢い子だ警察に訳を話しなさい」と。ジェリーは悩みまくって…ウィスカーズの言うことをきいてしまいます。雨ですっかり洗われ、妙に綺麗な遺体となったフィオナを家に持ち帰り解体美しい頭部は冷蔵庫にしまいます

するとフィオナの首がしゃべりだす一人じゃ寂しいわ仲間を連れてきてかくしてジェリーの連続殺人のはじまりはじまり……

 

よくあるサイコくんジャンル映画ではあるんですがなんか妙に物悲しいんですわ(監督はコメディーとして撮ったようですが)。そもそもジェリーの狂気の種であるお母さんとのやりとりとかなんか切ないんですわ(私だけか?)。

ラストは犠牲者のみなさんと明るく歌い踊る(キリストらしき人まで出てくるよ)んですがやっぱ私には悲しく映ったわ…。あ、それなりにハラハラする場面もあるし映画としては面白かったです