読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Horror好きが行く!

怖いもの好きが書く映画・本・もろもろの記録

バーバリアン 怪奇映画特殊音響効果製作所(2012年 イギリス)

う~ん、これはホラー映画と言えるのか? ①残酷シーンなし ②登場人物たちがブラックすぎて笑える ③オチと言えるオチがない

が、なんか精神的にジワジワくる映画です。あと70年代イタリアホラーが好きな人ははまれるかもしれません(舞台裏が描かれている)。 

バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所 [DVD]

バーバリアン怪奇映画特殊音響効果製作所 [DVD]

 

主人公のギルデロイは音響技師。イギリスからイタリアのバーバリアン・スタジオへ仕事でやってくる。しょっぱなから感じの悪い秘書(美女)になんとか取り次いでもらい、早速スタジオの中へ。

ここで、製作している映画『呪われた乗馬学校』のオープニングが流れる。これがまた、70年代ホラーの雰囲気プンプンで期待が(?)盛り上がります

が、残念なことにこの映画の画面ほとんど出てこない。残酷な場面なのは登場人物たちのセリフでわかるのですが、スイカをザクザク切る音や、フライパンにバターを焦がす音や、女優さんの悲鳴で…想像するしかありません(笑。

ギルデロイどうやら仕事の内容をよく聞いてなかった(もしくは”ホラー”と言ってなかったのかも。監督はホラー映画と言われてキレる場面がある)ようで、英語があまり通じない、慣れない環境で残酷な場面を見ながら懸命に音を作っていきます

英国人らしい(?)神経質な見た目のギルデロイ。恋人からの手紙か…と思ったら母親からだし! 仕事は実直なんだろうけど、なんか不器用な感じが伝わってきます。

旅費を払ってもらえない(たらい回し)、装置のガタがきている(古株のエンジニアにいじるなと言われる)、押しの強いプロデューサー(自分も不満タラタラ)、ろくに顔を出さない監督(女好き)…などなどいらつかせる要素に映画じたいの不気味な音楽(魔女の歌とか)も重なりギルデロイの精神がだんだん不安定になっていくわけです

最初にオチがないと書きましたが…真っ白なスクリーンを見ているギルデロイの後姿で終わるんですけど、これは現実なのかギルデロイの妄想なのか。もしかしたら仕事はなんとか終わって、国に帰ってるのかもしれないし…まだ続いているのかもしれないバーバリアンスタジオで

 

これ、音がとにかく不気味なので、暗い部屋でヘッドホンして見ると楽しめるかもしれません。まぁ、雰囲気映画とも言えるので、ここまで読んで面白そうって思った人にだけオススメします。